HOME >家づくりをする若きあなたに 

小さな工務店は本物と真心を売る

 

小さな所は、本物と真心を売る。

何もこれは住宅に限ったことではない。食べ物でも、家具でも、モノづくりの世界においては共通したことであろう。

単純に言い切ってしまえば、量産化では本物はできない。そして本物は、真心がなければできないという事だ。

さらに重ねれば、量産化は莫大な資金がいる、手づくりは資金がかからないが、手づくりは腕と心の両方が伴わなければ、いいものはできない。

量産化では多様なものは難しいが、手づくりは一つひとつ違うものをつくることができる、しかし修行を積まなければ不可能である。

量産化では添加物や化学物質が必要となるが、手づくりでは無添加で化学物質なしでもできが、見極める目を養わなければならない。

量産化では合成した素材や人工の材料が必要となるが、手づくりでは自然の素材や無垢の材料を使う事ができる、しかし、使いこなすには気持ちと腕前が必要だ。

 

ここまで言えばお分かりであろうが、
小さな工務店は住宅や家づくりにおいて住宅展示場で見られる大手メーカーを真似することは愚の骨頂であるという事だ。

 

設計においてもデザインにしても、建材や部品そして設備も、そして現場の施工技術も量産化を前提に開発、生産されているものなのだから、小さな工務店で真似できるはずもないものだ。

さらに言えば、小さな工務店でもほとんどが、大手住宅産業メーカーの生産した建材や設備を購入して家づくりをしている。それらは大手住宅メーカーを意識してつくられたものがほとんどであるので、小さな工務店がそれらを多用すると、相手の土俵に無理やり乗せられて勝負するようなものだから、勝ち目はない。

それなのに勝ち目のない勝負をして、注文住宅を取ろうとしているものだから、1年に1棟も注文住宅がなくなってしまっている工務店が続出しているのは当然のことだ。

またあまりにも工業化製品ばかりを使っていると、売り物にしなければいけない腕も生かせずやがて鈍ってしまう、まさに踏んだり蹴ったりである。

 

小さな工務店が年に1棟でも2棟でもコンスタントに注文住宅をいただくためには、何が必要かを考えてみよう !

量産品とは全く異なる、手づくりの住宅を提供できるかということだ。大手の量産化された住宅では不可能な家づくりだ。腕と真心が必要となる。

それらを売りにしないで小さな工務店が生き残る余地はない。下請けと便利屋的リフォームしか残された道はないであろう。

一般社団法人流れる空気の住まい協会は、こうしたことを踏まえて小さな工務店と生き、さらに伸びていこうとの思いで2013年6月27日に設立された。

腕と真心には自信のある皆様の参加を期待している。志を共にする仲間として生きていこうではないか。


2013.9.23 田中慶明




    下記は項目ごとの目次です。

目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧