HOME >エアサイクル パッシブソーラー PAC >外張り断熱を独自に開発 1977

外張り断熱を独自に開発 1977

外断熱という言葉すら存在していなかった
1977年から 独自で外張り断熱を展開していました。

断熱材をなぜ柱や梁の外側に張る必要があるのか? その最大の理由は、日本の木造住宅を腐れから守るためです。壁の中や天井の上に断熱材を入れたり乗せたりする充填断熱工法は、木を腐れから守ることはできません。

木材を腐れから守り本来の寿命・天寿を全うさせるためには、木を密封状態においてはダメなのです。木は伐採された後でも、生きた状態、呼吸できる環境で使ってあげれば、その本来の寿命を生きながらえることができます。呼吸は空気にふれることでできます。封じ込められて死んだ空気ではなく、いつも流れている生きた空気にふれている木材は活き活きとしています。木材を「流れる空気にふれさせる」これは伝統的な手法であり、最新の小手先の論理で変えることのできない絶対的真実です。

この 「流れる空気にふれさせる」という原理原則を曲げずに忠実に守って断熱を考えると、次のようになります。

1.住宅の構造材など骨組に関するすべての木材は空気にふれるように組み立てる。

2.その空気はいつも流れている。この二つが大原則になります。


それに素直に従えば、断熱材を詰め込み空気との接触を断つ充填断熱はあり得ませんし、同時に外張り断熱だとしても、壁の中の空気の流れをストップしてしまう床に構造用合板を貼るネダレス工法などは全く発想にすら浮かばないものです。

残念ながら、この充填断熱とネダレス工法が現在の主流になっているのだから、何とも言えない思いです。

分かる人はわかると信じ、私たちは住宅建築に使われるすべての木材、無垢の木が完成後も「流れる空気にふれる」状態になる、外張り断熱+躯体内空間に空気が流れる仕組みを1977年から追求してきました。

その「流れる空気」を建築的手法・パッシブな方法で「冬は太陽熱で暖める」「夏は夜間冷気で涼しくする」PAC工法を開発普及してきました。建築的手法・パッシブな方法とは工法や間取りそして材料などで家の建て方つくり方で工夫するやり方です。1977年から7000棟を超える実績があります。

こうした考え方をきちっと理解できるのは、本物の木での家づくりを愛している小さな工務店であるという観点から、2013年6月27日に「一般社団法人流れる空気の住まい協会」を立ち上げ、共に日本の気候風土に合った無垢の木と自然素材によるパッシブソーラーPAC住宅をこつこつと地道に広めていこうと念じています。

動画PAC住宅の外張り断熱は1977年から

木材を腐らせないために外張り断熱が必要
木材を腐らせないため壁の中に空気を流したい。壁の中に断熱材を入れては空気が流れない。断熱材を外に張って壁の中に空気を流す。   

充填断熱では木材ばかりか建築金物も危なくなる

建築金物が、外冷気で冷やされると、金物周りで結露する危険性があるが、
壁の中に入れるタイプの断熱材では、金物を、すっぽりと包むことはできない。
そのため、結露の生じる危険性は極めて高い。


  壁の中に断熱材を入れる方式で下の写真の建築金物を結露から守れますか?  
       

壁の中に断熱材を入れる充填断熱方式で下の写真の建築金物を結露から守れますか?
建築金物が、外冷気で冷やされると、金物周りで結露する危険性があるが、  壁の中に入れるタイプの断熱材では、金物を、すっぽりと包むことはできない。  そのため、結露の生じる危険性は極めて高い。

建築金物ばかりか、
最近は地震対策のための制震装置などが
壁の中に組み込まれることも多くなってきました。

外張り断熱は、土台や柱の外側に断熱材を張りますから、
壁の中の建築金物や地震対策の装置も断熱材を損なうことなく
取り付けることができます。

またそれらの金物は、完全に断熱材の内側に入りますので、
外気に直接影響されることはなく、結露の危険性なくなります。

PAC工法であれば、さらに壁の中を空気が流れますので、
湿気がこもることはありません。

壁の中に断熱材を入れる方式は、
いろいろな意味で不都合の多いものと言えます


まずこうした当り前と思える所から考えてみてほしいと思います。


動画PAC住宅の外張り断熱は1977年から