HOME >

今の建物は対処療法的、
つぎはぎだらけに積み上げられてきた
行き当たりばったりの家。


現代日本の物づくり文化に大きく影響している思想は「対処的手法」と言っても間違いではないだろう。

日本文化のすべてに亘って大きな支配力をふるっている「対処」という方法論である。

西洋医学は対処療法、東洋医学は根本療法、これは良く比較される例でわかり安い。悪い場所だけに対処する方法と、悪くなった原因までさかのぼって治していこうとする方法と言える。

 ホリスティック療法は、根本療法に心や魂まで含めた療法、より一層トータルな療法だ。

 現在の住宅は、まさしく対処療法の積上げで出来上がってきた家。悪く言えば、その時々の問題対処の積上げでしかなく、つぎはぎだらけの家と言って過言ではない。

簡単に、住宅の対処療法的歴史を見てみたい。

私が住宅に携わった1977年ころからの実感をともなう流れを振り返ってみよう。


 スタートは外圧による住宅の省エネルギー化だ。

日本の住宅は暖房エネルギーの垂れ流しだとの外圧から、グラスウールを壁の中などにとりあえず詰め込み始めた。まさしく他の事は何も考えない対処療法の見本!

グラスウールにより壁の中などの空気の流れを止めたため、床下に木材腐朽菌が大繁殖、天井裏や壁の中に内部結露など湿気の問題が発生。

さらには居住空間でも湿気によるダニ・カビなどハウスダストによるアトピー性皮膚炎の蔓延。

その対処療法として、ダニ・カビ・腐朽菌対策の家庭内農薬を畳や建材、床下などへ使用。
 今度は、そのケミカル成分による化学物質過敏症が大問題に!

一方、建物の腐れ対策として防蟻もかねて強力な薬剤の使用。
 床下の農薬などと批判される。

湿気を壁の中などに入れなければいいのかと、室内の壁・天井・床面をプラスチックフィルムで覆うなど、湿気を却って壁の中に閉じ込めてしまう危険性もある、わけのわからない対処方法が今でもとられている。

さらに化学物質過敏症は、建材に使用されているホルムアルデヒドが原因だと、その含有量を少なくした☆☆☆☆(フォースター)建材と室内機械換気の義務づけ。

健康住宅と呼称する、その☆☆☆☆(フォースター)建材と室内機械換気の住宅で、頻繁におこるシックハウス問題。

また建物の断熱化は、夏の住まいを暑くさせ、クーラーを必需品としてしまった

 

さらに地震対策は、一層問題を複雑怪奇にしてしまった。

在来軸組工法というと、いかにも日本の伝統工法を踏襲しているかのような錯覚を呼ぶ。
 日本各地に残る寺社仏閣、民家などを思い起こし、いかにも日本の気候風土に適していて、さらには地震にも対処しているイメージだが、実際は、似て非なるものだ。

伝統的日本の建物は、地震の揺れに、柔らかくしなやかに対処する方法。在来軸組工法は、固く突っ張って対処する。明らかに違うものだ。

同じ木材を使っていても、年輪の詰まった太い材料の伝統工法と、細く頼りない在来軸組工法では比較するすべもない。

太く良質の木材であったからこそ木の特性を生かした組み方と建て方が発達してきた伝統工法。

一方、在来軸組工法は、木材の細さを補うために金物で補強する、構造用合板で強度を出す、床面にも構造用合板を使い、軸組工法なのかツーバイ工法なのか、わけのわからない有様。

いずれにしても湿気に対する対策は、本質的には考えられてはいない。

目先の強度だけにしか興味がなく伝統工法には当り前だった100年単位の強さなどには無関心。

間取りを見ても、
個室中心の何LDKプランになり、中廊下で部屋は分断され、風通しも悪く、日射も届かず、昼間でも北側の部屋は暗く、湿度も高くなった。

これらの問題が複雑に絡み合い、日本の住宅は、つぎはぎだらけの、まるでフランケンシュタインのような建物になっている。

こうした問題を根本療法的にとらえ、「流れる空気にふれさせる」という日本の気候風土に適ったキーワードを軸にして、在来軸組工法に一本のきちっとした筋を通しホリスティックな家づくりをしているのがPAC住宅だ。


田中慶明





    下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧