HOME >


「流れる空気の住まい」はホリスティックな家

ホリスティックってなんだ?

ちょっと理屈ぽくいきますが・・・

総合的で統合的そして全人的なトータルの様子を示す言葉がホリスティック。
ホリスティック医療とかホリスティックケア、またホリスティック健康学とかホリスティック栄養学などと使われています。       

その概念を一言で説明するのは難しいのですが、わかり安い例でいえば、人間は心と身体と魂があります。もう少し広げていえば、個人と家族と社会とか、この3つをすべて含む概念がホリスティックです。大きな意味で全体的なといった感じでしょうか。

もともとは、ギリシャ語のholosホロス(全体)を語源としていて、
そこから派生した言葉に、 全体(whole)、癒す(heal)、神聖(holy)、健康(health)などがあり、
健康(health)という言葉自体がもともと『全体』に根ざしています。

また「全体」「関連」「つながり」「バランス」といった意味を包含しています。

私たちのめざす健康住宅は、まさしくこのトータルな概念を包含したものです。そしてそれを貫くキーワードが「流れる空気」なのです。

私たち日本人は「空気」にいろいろな意味をふくませています。最近のKY(空気の読めない)もそうですね。

物理的な空気だけでなく、雰囲気という精神がつくりだす状態を場の空気とあらわし、空気を読むなどと表現しています。澄んだ空気とか淀んだ空気も、実際の空気と人間関係の雰囲気を表わしています。

流れる空気の住まい・PAC住宅における空気も同様に複合的な意味を持っています。

物理的な意味では、
流れる空気が木材を腐れから守る、太陽熱を集める、夜間の外の涼しさを取入れる、建物全体に暖かい熱を運ぶ、建物から暑い熱を外に捨てる、湿気や湿度のバランスをとる、夜間と昼間の温度バランスをとる、風通しがいい、室内の自然な換気がある、など。

それと同時に、
流れる空気は、心の風通しの良さなど、家族の自然なふれあい、見える・聞こえる・感じる様など、家族がわかりあえる雰囲気を示しています。

流れる空気の住まいは、
そうした家の建て方、間取り、自然素材の使い方、住まい方などトータルな意味合いを含み、住まわれる個人、家族、そしてエコという意味で地域や地球にも優しい家づくりを意味するまさしくホリスティックな住まい、ホリスティックな家づくりを表わしています。


田中慶明




    下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧