HOME > PAC住宅についてのよくある質問 > 低炭素住宅の認定が受けられます。



低炭素住宅の認定が受けられます。



「都市の低炭素の促進に関する法律」が平成24年12月4日に施行されました。
市街化地域が対象になりますが、屋根・壁・基礎の断熱に加え、窓まわりの断熱遮熱性を高め、さらに省エネ法の省エネ基準に比べて一次エネルギー消費量を10%以上低減するなど、基準をクリアすることで下記の税優遇等を受けられます。

[低炭素住宅のメリット]
1.住宅ローン減税の拡充
 一般住宅の最大控除額400万円 ⇒ 認定住宅の最大控除500万円

2.フラット35S金利優遇
 認定住宅は金利引き下げ10年間(Aタイプ)が適用されます。

3.登録免許税率(保存登記)の引き下げ
 一般住宅の場合0.15% ⇒ 認定住宅0.1%



長期優良住宅の認定も設計により可能です。
 



 
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com