HOME > PAC住宅についてのよくある質問 > 設備・あかり・インテリア・エクステリアについて

設備・あかり・インテリア・エクステリアについて


設備

機械換気は嫌いです。PAC住宅は室内自然換気と聞きましたが。

暖房機器が室内にあるのはいやなのですが、そうすると床暖房になるのでしょうか。

かくれん房とはどんな暖房システムなのですか。

オーダーキッチンを希望しています。

好みの洗面ボールなどを利用したオリジナル洗面台は可能ですか。

ソーラー発電は使えますか。


ルイ21という浄水器はどんなシステムのものですか。

雨水利用はできますか。

あかり

本格的なLED照明をすすめていると聞きましたが。

建築化照明(間接照明)はPAC住宅でできますか。

北側の洗面や浴室を自然光で明るくしたいのですが。

ガラス作家や陶芸家、ロートアイアンなどを使ったオリジナル照明があると聞きましたが。

PAC住宅の基本的照明計画の考え方は。

インテリア

PAC住宅のインテリアデザインに対する基本的考え方は。

エクステリア

エクステリア、植栽、造園なども全て設計してもらえますか。




設備

機械換気は嫌いです。PAC住宅は室内自然換気と聞きましたが。

確認申請は第3種機械換気でしていますが、実質上は室内自然換気です。
機械換気が義務付けになる前から、同一の方法で室内自然換気をしています。もともと、給気口はバランスよく設置され、それに負圧による自然排気口を設けるというシステムでしたから、これに洗面やトイレなどの換気扇を排気用のファンとする第三種換気にて確認申請が適用されます。PAC本来の姿勢を崩さずに室内自然換気に対処できました。

暖房機器が室内にあるのはいやなのですが、そうすると床暖房になるのでしょうか。
「かくれん房」であれば一切機械設備は室内に露出されません。PAC住宅専用の低温輻射暖房システムです。床面・壁面・天井面から暖めます。

かくれん房とはどんな暖房システムなのですか。
PAC住宅専用の低温輻射暖房システム。土間コンクリートの中に温水を通すパイプを埋設する、床下空間にエアコンや放熱器を設置するなどして床下空間をまず暖め、暖められた空気が躯体内空間を流れて建物全体に行き渡り、全ての床面・壁面・天井面を20℃前後に均一に暖める6面輻射暖房システムです。1980年ころから研究開発し現在に至っています。

オーダーキッチンを希望しています。
良質な一品ものが可能です。実績も数多くあります。品質・デザイン・使い勝手などあなたの生活と感性に応じたすぐれものができます。

好みの洗面ボールなどを利用したオリジナル洗面台は可能ですか。

ずいぶん前から、一品もので対応しています。カウンターは無垢の桧やサワラ、ナラやウォールナットなど、洗面ボールは陶芸家やガラス作家、ステンレスの一品と様々な対応ができます。建物にしっくりとあうトータルなデザインになります。

ソーラー発電は使えますか。
もちろん使えます。実績もあります。

ルイ21という浄水器はどんなシステムのものですか。
家一軒まるごと浄水という考え方の浄水器です。水道メーターのあとに設置します。但し、水道法では蛇口から一定濃度の塩素残留が義務付けられていますので、水道メーター設置後、建主の意志で設置するという前提になります。

雨水利用はできますか。
実績があります。システムとしては、散水用など簡単なものをお薦めしています。



あかり

本格的なLED照明をすすめていると聞きましたが。

2006年6月には、主照明にLEDを用いたPAC住宅が完成しました。以降もLEDの特徴をいかした照明計画の提案を続けています。

建築化照明(間接照明)はPAC住宅でできますか
LED照明を軸に、積極的にすすめていきます。

北側の洗面や浴室を自然光で明るくしたいのですが。
非常に簡単な光ダクトを開発しました。LED照明と組み合わせて使用できます。

ガラス作家や陶芸家、ロートアイアンなどを使ったオリジナル照明があると聞きましたが。

LED照明利用で検討しています。既存照明でも同時にすすめています。

PAC住宅の基本的照明計画の考え方は。

照明器具そのものを主役にしないこと。必要な光を必要なだけ必要な場所にと、考えています。
住宅業界において、照明設計は大変に遅れたジャンルです。ただひたすらに照明メーカーのカタログから器具選定をしていただけと言えます。
PAC住宅では、照明設計を本来あるべき姿にしようと思っています。



インテリア

PAC住宅のインテリアデザインに対する基本的考え方は。

インテリアの基本は、空間設計そのものです。空間設計が良くなければ、空間美はインテリア小物などではどうにもなりません。
そして、シンプルミニマム、必要なものだけで構成されている、足し算ではなく引き算で、といった考え方が大変に重要だと考えています。



エクステリア

エクステリア、植栽、造園なども全て設計してもらえますか。

グリーンの専門家を交えて、上質な外部空間づくりをします


 
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com