HOME > 都市型住宅 空気の家 > 木造住宅のリフォームを健康に快適にするHACハイブリッドエアサイクル

木造住宅のリフォームを健康に快適にするHACハイブリッドエアサイクル

木造住宅のリフォームを健康に快適にする
HACハイブリッドエアサイクル

 

これからの時代は新築以上にリフォームが期待されている。
しかも小手先のお化粧直し程度のリフォームではなく
家一軒丸ごとといった本格的なリフォームが主流になっていくであろう。

すでに30年以上たった建物を
さらに30年使うというリフォームはどういうものなのか考えてみたい。

土台などの構造材が腐っていない、基礎の補強も十分可能な建築後30年以上の建物。
その多くは在来軸組工法いわゆる日本の木の家、伝統工法の流れを引いているものだと思う。

30年以上前の在来軸組工法の家は、気密性もなく断熱材も入っていないか、
あるいは断熱は形ばかりに、おざなりにという建物であった。
しかし、これが逆に建物を腐れから守るという面ではプラスになった。

隙間風だらけで寒い建物であったが、観点を変えてみれば、
土台や柱などの構造材や室内空間に常時空気が流れているのだから、
建物の長生きという意味からはメリットが大きかった。

そうした在来の木造住宅を本格的リフォームして、
建物も住む人も健康に、そして快適な空間に変身させ、
さらに30年は健全に暮らしていける家にする方法を考えよう。

 

まず、基礎を含めた耐震補強を前提とする。
これには多くの方法があり、すでに一般化しているので具体的な方法はここでは省きたい。

新築住宅同様、
あるいはそれ以上に考えられていない「流れる空気にふれさせる」リフォームを提案したい。

木造住宅を長期にわたって守っていくためには、
土台や柱、梁などの木材がいつも「流れる空気にふれている」ことが肝心だ。

これは家の外周部の木材だけではなく、
その内部にある間仕切り壁空洞を構成している土台や柱などに
「流れる空気がふれている」必要がある。
こうした意味では新築住宅で空気が流れると称している家のほとんどが失格である。

建物の中のすべての木材を守るためには、
すべての木材が「流れる空気にふれている」ことが望ましい。

同時に温度差のない、湿度も安定した居住空間にするためにも、
部屋を構成している「すべての壁空洞に空気が流れている」ことが求められる。

すべての部屋の周りの空間である躯体内空洞に、
空気が流れることで、間接的に温度や湿度をコントロールし、
家一軒を丸ごと健康で快適な空間にしていこうというリフォームだ。

そういう発想があれば、在来木造での具体化は難しくない。 

本格的リフォームで、
屋根と外壁は塗装のやり直し程度という場合を、例に具体的方法を見てみよう。

まず断熱であるが、屋根や外壁は残すので完全な外張り断熱はできない。

いわゆる柱間の外壁側に施工する外側断熱になる。屋根は、下からたる木の間に入れていく。

断熱材は高性能のボードタイプを使用する。
柱の太さは10センチ程度あるので断熱材の厚さが7センチでも、
空気の流れる内壁空洞は3センチ以上確保できるのでOKだ。

 

基礎も外張り断熱とする。
シロアリが心配な方もいるだろうが、
基礎ボードと内部の木材に、日本のシロアリにもアメリカカンザイシロアリにも効き、
しかも人体や犬猫等ペットにも安全なホウ酸で対策を施す。

 

壁空洞の通気は、この外周部の断熱ボードとの間だけではなく、
その他すべての壁空洞、間仕切り壁空洞も空気が流れるようにする。

 

次に、床下空間とこれらの壁空洞に空気の流れが確保できるように施工する。
ちなみにほとんどの建物ではこれができていない。

 

さらに、
1階天井と2階床の間の空間、ふところ空間とよばれる空間と1階壁空洞を空気が流れるようにする。
ほとんどの場合これは確保されている。

 

その上で、1階2階のふところ空間と2階の壁空洞を空気が流れるようにつなぐ。
これは30年前の建物であればほとんどそうなっているが、最近の建物ではダメである。

 

最後に、2階の壁空洞と天井上の小屋空間を空気が流れるようにつなげば完成である。
こうした一連の空間を
「躯体内空間」という。 

何といっても「空気が常に流れている躯体内空間」の確保が最も大切なことになる。

 さらに、床下空間に冬用のエアコン、小屋空間に夏用のエアコンを設置する。

躯体内空間全体にエアコンでコントロールされた空気を回し、
すべての床・壁面・天井面から低温輻射暖房・冷房として
室内の温度コントロールしていくことができる。

 

同様に、重要なのが、床と壁そして天井に使う材料だ。

下地材も仕上げ材もすべて、湿気を調整できる、呼吸する材料が基本になる。

現在では、そうした機能のある安全な石膏ボードもあるし、
仕上げはデンプン糊で貼るエコクロスや
無垢板そして化学接着剤の使われていない本物の漆喰などにしたい。

 

こうした吸放湿性能の高い材料で床、壁、天井を仕上げることで、建物内の湿度の安定化ができる。

また石膏ボードや漆喰は火にも強く、同時に蓄熱体ともなり快適な温度環境と省エネにも貢献する。

木造住宅で内側をスケルトンにするリフォームにはHACハイブリッドエアサイクルは最適である。





   下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧