HOME > 都市型住宅 空気の家 > 都市型狭小住宅から生まれたHACハイブリッドエアサイクル住宅


自然環境に恵まれない土地で健康な家を建てるには

都市型狭小住宅から生まれたHACハイブリッドエアサイクル住宅


日当たりや風通しのいい家が欲しい!

それは日本人のDNAに深く刻まれてきたものです。でも都市部の狭い土地に家を建てる場合、なかなかその夢をかなえることは難しいものです。

1977年から太陽熱や風など自然のエネルギーを活かしたパッシブな家づくりを進めてきました。それは家の設計や施工方法と材料の使い方などで自然のエネルギーを建物内に採り込む日本初のパッシブソーラーでPACパッシブエアサイクル住宅といいます。

その仕組みの考え方を簡単に言いますと、

冬は、

屋根や壁に当たる太陽熱を採り込むため、屋根・壁に集熱のための通気層をつくる。

採り込んだ太陽熱を建物全体に配るために、部屋の周りの空洞すなわち床下や壁内そして天井裏など部屋を取り囲むすべての空間に空気が流れるようにし、その流れに採り込んだ太陽の暖かさをのせ、自然に循環、エアサイクルさせて建物内すべての空間を取り囲む床面・壁面・天井面を暖かくしていきます。

夏は、

基礎と屋根頂部に設けられた独自の機能を持つ換気口を開放し、温度差や風の力で床下換気口から外気を採りいれ、部屋の周りの空洞すなわち床下や壁の中そして天井裏など部屋を取り囲むすべての空洞に流し、屋根頂部の換気口から外へ流します。それにより夜間の涼しい空気により建物内に涼しさが蓄えられ昼間も暑さを抑えられる仕組みをつくっています。

このPACパッシブエアサイクル住宅はすでに7000棟あまり日本全国に建築され極めていい評価をいただいています。

PACの中核をなすコンセプトは「木を流れる空気にふれさせる」です。

これは湿気の多い日本での木造建築だからこそ生まれた木を守る、木を生かす技術です。昔の木造の名建築がいまだにその姿を立派に保っているのは、建築方法が「木を流れる空気にふれさせる」を順守しているからです。

PACはこの「流れる空気」を屋根や壁の集熱通気層で暖め、やはり「流れる空気」で建物全体に配るという仕組みですが、屋根や壁に太陽光が届きにくい都市部の住宅では、そのままの仕組みというわけにはいきません。

HACハイブリッドエアサイクルは、そうした観点を踏まえて誕生しました。

HACでも中核のコンセプトである「流れる空気にふれさせる」はそのまま踏襲しました。
PAC
は、この「流れる空気」を太陽熱や夜間冷気で暖かくしたり涼しくしたりしていたのですが、HACでは「流れる空気」を省エネ設備でコントロールする仕組みをつくりました。

「流れる空気は」建物の隅々まで行き渡りますから、建物内の部分的コントロールではなく、建物内すべての空間温度と湿度を調整していくところはPACと同じです。





   下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧